6月16日、レイズ対エンゼルス戦。MLBでは祝日や特別イベントで着用するスペシャルユニホームがあり、このブログでも過去にいくつか紹介してきましたが、この日は父の日。パウダーブルー(水色)をテーマカラーにした帽子やユニフォームを各選手が身につけます。エンゼルス大谷翔平選手も水色のシューズ、プロテクター、手袋を着用してプレーしました。

(ちなみに母の日はピンク、米国独立記念日は星条旗カラー、国軍記念日は迷彩色、等々色々あって面白い)

と、何やら気になる柄のスパイクを履いたグッドウィン選手が通り過ぎましたよ…

よ〜く見ると子供の筆跡で「thanks  dad」の文字が星のマークとともに散りばめられています。お子さん達に書いてもらったものをプリントしたんでしょうか、お父さんでもある選手たちにとっては、なかなかグッとくるデザインだと思います。

この日に着用したユニホームやグッズはチャリティーオークションに出品され、収益金の一部は慈善団体へと寄付されるそうです。