1月28日、今年もアリゾナ春季キャンプへ向け南カリフォルニアの自宅からレンタカーで出発しました。

ハイウェイ10号線を2時間ほど走ると、突然砂漠の中に林立する大量の風車が目に飛び込んできます。さらに車を走らせ風車に近づくと、高さ60〜100mはあるでしょうか、その大きさに圧倒されます。

これらの巨大風車は、砂漠で熱せられた上昇気流が太平洋から引き込む強い風の通り道であるパームスプリングスの盆地、約10平方マイル(東京ドーム約600個分)に3000以上も設置されているそうで、その景色は壮観です。

この風力発電のタービンには日本製品も使われているそうですよ。