8月中旬、自宅近所の歯医者まで車を走らせていたときの事。いつも見慣れた目の前の山からモクモクと入道雲のような煙が上がっているいました。噴火のように見えた煙は時間が経つにつれ空全体を覆い尽くし、昼間なのに薄暗くなってきたので慌てて自宅に帰りました。

翌日取材に訪れたエンゼルススタジアムからも、ずっと煙が見えていました。鎮火には数日間要したらしく、後日この山火事で東京ドーム約2000個分(23000エーカー)が焼失した事と、放火の容疑者逮捕のニュースを知りました。

山火事には出張先で前にも遭遇したことがありますが、地元で、となると恐ろしさも倍増します。