5月22日、早朝便でカナダ・トロントからニューヨークのラガーディア空港に到着しホテルに向かうシャトルバスを探していると、スター・ウォーズのR2-D2みたいなロボットを発見。

カメラを向けると、どんどん、どんどんこっちに向かってきます。怖っ!デカ!高さは150㌢位でしょうか。人が入ってるの?怪しい動きをしたら中からマシンガンが出てきて撃ってくるかも?!ヤッベ~と思っていると、クルリと方向転換して行ってしまいました。

どうやらこれはシリコンバレーのKnightscope社が開発した、4台のカメラとマイクとセンサー搭載の「K5」と言う警護ロボットだそうで、最近実験的に導入されたばかりだとか。

羽田空港でも今年始めあたりからロボットによる警護の実験が始まっているようですが、数年後には世界の空港はこんなロボットだらけになるのかも?!