フィールドでは審判や相手チームの選手たちに笑顔であいさつし、そして、出塁した際は砂の付いたベースを手袋で払うなど、礼儀正しくキレイ好きな大谷翔平選手。

5月19日、本拠地エンゼルスタジアムでレイズ戦に先発した際にも、またまた好青年っぷりを目撃してしまいました。

これまでにも何度か紹介してきましたが、整理整頓からは程遠いメジャーのベンチ。ジャケットは脱ぎっぱなしの放りっぱなしが普通の選手が多い中、この日ベンチからマウンドに向かう大谷選手は着ていたジャンバーを当たり前のようにキチンとたたんでいました。

ああ、とますます好感度アップなのでした。