春季キャンプ開始まであと数日。アリゾナではメジャーのキャンプの前に日本ハムのキャンプもあり長丁場となります。カメラマンもしっかりと体を作らないと、と筋トレに加え外での走り込みも開始しました。

ランニングコースをゆっくりと走っていると橋の下に巣のようなものを発見。なんだこれは。よーく見るととっくりにも見えます。入口から何かがスプラッシュした跡もあるけど、巣の主はまだ帰ってきていません。後で色々調べてみると、北アメリカの至る所に生息しているCliff Swallow(サンショクツバメ)の巣だそうです。

昔、軒先によくあったツバメの巣とはずいぶん違うなぁ。敵から見つかりにくい崖や橋の下に巣を作るため、口の中で土と粘着質の唾液を混ぜてペタペタ重ねて作るみたいです。へぇーーーーー!