11月24日、フィギュアスケート・スケートアメリカの取材のためニューヨーク州レイクプラシッドを訪れました。1932年と1980年の2度冬季オリンピック大会を開催したレイクプラシッドは、アルバニー国際空港から更に北へ約2時間半、車で峠をいくつか越えた先にある湖畔の小さな町です。走る道すがら山肌から氷柱が下がっているのが見えます。前日、自宅のある南カリフォルニアでは記録的な熱波で気温37度だったのに、久々に訪れた冬のニューヨーク州は氷点下でした。

同大会では宮原知子が優勝、2位には坂本花織が入りました。本当にさっぶ~い中、取材に来たかいがあったと言うモンです。

翌朝駐車場に行くと、夜じゅう降り積もった雪に車が埋もれていました…。ニューヨーク市内に住んでいた頃も、冬の朝は毎日雪かきをしたものです。レンタカーセンターで持たされたスノーブラシがここで役立ちました。−10度の中、車につもった雪をふるい落とし作業すること30分、いい汗をかいてから帰路につきました。