8月31日、全米オープンテニス2回戦で大坂なおみ対デニサ・アレルトバの試合を取材しました。
いつもは観客の姿もまばらな小さいスタンドの13コートで試合が始まると、コートを囲むようにファンでみるみる満席に。大坂なおみがポイントを取る度に歓声があがります。すげ〜〜人気だ!フルセットの末、1時間55分の激戦を制し大坂なおみが勝利するとスタンドは大歓声に包まれました。
試合後はロッカールームと会見場があるメインスタジアムまで徒歩で移動なのですが、予想通りファンが殺到です。お疲れでしょうに、笑顔でファンと写真を撮ったり、サインをしたりしながら移動しました。良いですね、こういうの。セキュリティーのお兄さんは必死な表情で叫んでて大変そうでしたけど!