ハロウィン
11月1日、インディアンスの本拠地クリーブランドでのワールドシリーズ第6戦。前夜はハロウィンで、シカゴからの移動中に仮装する選手もいたようですが、さすがに翌日は誰も仮装しないだろうと思っていたら、いましたスタンドに。というより、仮装ではなくサンタさんじゃないですか。しかもインディアンズのファンです。基本的にクリスマスシーズンに野球の取材はないので、球場でサンタさんに出会えるなんてなんだか新鮮です。

こちらではハロウィンの翌日からどこのお店もすぐにクリスマスモードに変わリます。昨日まで店頭で売られていたジャコランタンやお菓子もクリスマスツリーやリースに場所を取って代わられ端っこで叩き売りされます。サンタさんもこのタイミングを狙って現れたのか。この日、ワールドシリーズ優勝までリーチをかけながらもインディアンスはゲームを落としてしまいました。ご存知のとおり翌日も敗れカブスが世界一を決めました。気の早いサンタさんはインディアンズへの勝利のプレゼントを忘れてきたのかもしれません。