ピッチャー7月5日、ニューヨークでの試合前練習中通りすがりに私のカメラを覗き込みおちゃめな表情を見せてくれたのはフェルナンド・ロドニー投手。勝利の瞬間、見えない弓を引き矢を空へ放つ「imaginary arrow」のポーズがトレードマークのドミニカ出身の39歳です。

6月16日にパドレスの投手としてイチローさんからピート・ローズ超えの日米通算4257安打目を浴びたのがこの彼で、その2週間後の6月30日、パドレスからイチローさんのいるマーリンズにトレードで入団してきました。

数々のチームを渡り歩き、今はイチローさんとチームメイトのロドニー投手。実は日本人メジャーリーガーとは結構縁が深いのです。初めて彼と話したのは松井秀喜氏がヤンキースからエンゼルスに移籍した年のキャンプでした。その後レイズでも松井氏とは同僚で、マリナーズでは岩隈投手とも同僚でした。パドレスには斉藤隆氏もいましたし、取材する先々で再会する度、ロドニーはいつもの人懐っこいお茶目な笑顔でうれしそうに話しかけてきてくれます。

久しぶりに出会った彼は、ヒゲにも白いものが目立つようになって少しやせたかな…。これからも若い選手に負けずに頑張る姿を期待しています。