踏切アリゾナでの取材中、ホテルからキャンプ地へ行くのにハイウェイを通ると渋滞するので、途中までは一般道を利用しています。そこで突破しなくてはならない難関が、開かずの踏切です。日本の場合は列車の運行数の多さで起こるようですが、米国では貨物車両がべらぼうに長いために起こります。

3月8日の早朝、今キャンプ2度目の開かずの踏切に引っかかってしまいました。3両のディーゼル機関車が貨物を引き、ガタンゴトン、ガタンゴトン…。一体何十両連なっているでしょうか。待つ事約15分。ようやく通過してくれました。

前の車のナンバーがたまたまですが「BAD~」。偶然とは思えない出来事でした