キャンプ地の売店3月初旬のお話です。マーリンズがキャンプ地ジュピターの本球場でマイアミ大学と練習試合を行った日、グッズショップがオープンしました。イチロー選手の背番号Tシャツなどを見ていると、レジの前に無造作に置かれたバットを発見。段ボール箱にはユーズド・マーリンズ・バット・$20と書かれており興味津々です。もしかしてお宝があるかもしれない…!と見ておりましたら51と書かれたバット(中央左)がありました。まさか?!と思い手にしましたら…やっぱり別人のものでした。きっと、ショップを訪れる地元マーリンズファンの少年(および元少年)達もこんなふうにお目当ての選手にちなんだ宝探しに胸躍らせるのでしょう。メジャーの球場にも公式戦で使用したユニホームやバット等が売られていますが、こちらは私には到底手の届かない値段です。